読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なる日々の栄光

オトナにお薦めできるプレミアムな情報に、独自の見解や体験を加えて自由に紹介しています

JGC修行〜JALのクラスJで行く羽田−沖縄の旅〜

f:id:tsurezurenaruhibi:20160313193904j:plain

 (今回の旅行中に那覇空港で展示してあったランです)

はじめに

つれづれです。

 最近はANAのSFC修行の話題ばかりでしたが、今回はJGC修行の話です。

 

以前お伝えした通り、私はJGCとSFCの両取りに今年から挑戦しています。 

tsurezurenaruhibi.hatenablog.jp

 

tsurezurenaruhibi.hatenablog.jp

 

すでにタイのバンコクには中部国際空港からJAL便で1回旅行に行っていて、あともう1回渡航する予定です。

 

FLY ONポイントを計算しますと、JALカードのFLY ONポイントボーナスキャンペーンで5,000ポイントも加えると、10,438×4+5,000=46,752ポイントになります。

 

私の場合、バンコク行きの際に羽田−中部国際空港をJAL便(普通席、先得)で利用しますから、その分のポイント(片道690ポイント×2回)を加えても合計48,132ポイントで、JGC取得の50,000ポイントにはわずかに足りません。

 

不足分はわずかなのですが、せっかくなので行き慣れた沖縄に行くことにしたわけです。

 

JALのクラスJとは?

元々ANAに乗ることが多く、前回バンコクに行く際に少しだけJALの国内線も経験しましたが、普通席でした。

 

JALにはANAのプレミアムクラスに似たファーストクラスというものもありますが、もっとお手頃なクラスJというものがあることを知りました。

JAL国内線 - クラス J(機内サービス)

 

普通席の料金にプラス1,000円で、少しだけシートが豪華になるというもので、インパクトはそれほど強くはありませんが、羽田−沖縄間の移動が多少は快適になると思いました。

 

ひとまずJGC取得が目的でしたので、予算も考えてクラスJにしてみたわけです。

 

でも、ファーストクラスもいつかは試してみたいですよね。

 

行き:羽田−沖縄便への搭乗

まずは電車で羽田へ。今回は到着後のバス乗車まであまり時間がないことを考えて、キャリーバッグを持ち込んで搭乗しました。機内への入り口が二つで迷ってしまいました。ANAは入り口が一つですから迷う必要がありません。しかも、荷棚が既に沢山で、自分の荷物を入れるのに少し手間取ってしまいました。優先搭乗できるJGCの人が多いのでしょうか?
 
席は広くて良いです。リクライニングしやすいし、レッグレストもあります。ただし、背部のポケットが薄くて固くて使いづらいですね。テーブルが肘掛にあるのは、リクライニングの仕様の問題でしょう。倒されると、テーブルに載せているものが下に落ちそですから。あとは革製ですから滑りやすい感じがしました。体がズレやすいですね。

f:id:tsurezurenaruhibi:20160313194043j:plain

 
ANAと違って、ドリンクはお代わりして良い雰囲気を感じました。ただ、クラスJだからかもしれません。普通席はどうなのか、まだよく分かっていないです。

 

帰り:沖縄−羽田便への搭乗

ANAカウンターが激混みしていましたが、JALカウンターは割と空いていて、逆にJALの経営が少し心配になりました。
 
久しぶりにカードラウンジ華へ。結構空いていました。グァバジュースを一杯頂いてから、沖縄そばを食べに那覇空港4Fの天龍へ。

f:id:tsurezurenaruhibi:20160313194109j:plain

 
ちょっと出汁が薄い気もしましたが、ラフテーを食べるとちょうどよくなりました。
 
沖縄に来たのに、マンゴージュースを飲んでいなかったことに気がつき、マンゴースムージーを頼んでみましたが、割とあっさりした味。まぁ、これはこれで良いと思いました。

f:id:tsurezurenaruhibi:20160313194237j:plain

 

JALの空港アナウンスで、ANAと比べると、途中でかんでしまうことが多いことに気がつきました。たまたまかもしれませんが。

 

行きもそうでしたが、JALの機内では他のCAと違う白服の方が搭乗していました。いわゆるチーフの方なのでしょう。皆さん、大変品が良く、心のこもったアナウンスをしていました。言葉と表情から、そう感じました。もちろんANAも丁寧ですが、その上をいっている気がしました。

 

帰りはクラスJの席で、ほとんど寝ていました。やっぱりリクライニングできるのは大きいですね。

 

羽田に戻ってから気がついたのですが、ANAと違ってターミナルが別なせいか、手荷物を受け取る場所まで、ほとんど歩きませんでした。ANA便は羽田に着くと、やたら歩かされると思います。これはJALの利点だと思いました。

 

まとめ

初めてJALのクラスJを試しました。1,000円という安さで、お手軽にシートだけ快適にできるのは、とても素晴らしいと感じました。ポイント獲得にこだわらずに、自分のお金で普通に乗るなら、クラスJのウルトラ先得が一番だと思いました。クラスJ、オススメします。

 

 

 

 

 

PR