読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なる日々の栄光

オトナにお薦めできるプレミアムな情報に、独自の見解や体験を加えて自由に紹介しています

カンボジアのアンコール遺跡群があるシェムリアップに行くときの両替などの通貨事情

 

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501171524p:plain

はじめはに
つれづれです。
 
今回は私のカンボジア旅行を通じた経験も踏まえて、カンボジアの通貨事情を紹介したいと思います。
 
まずカンボジアではドルが広く流通しています。しかし、カンボジア自身の通貨もあり、リエルと呼ばれています。写真は2000リエル紙幣です。
 
注意点として、このリエルは日本では取り扱っていません。つまり、リエルは日本で日本円に両替できません。リエル紙幣ほカンボジアで使い切るか、残ったとしても思い出としてとッておきましょう。
 
目次
 

日本円からドルへの両替

断然、日本の空港がオススメです。
 
航空会社のチェックイン前後に銀行の両替所があるので、私はそれを利用しました。現地に着いてからよりも、余裕を持って両替した方が良いでしょう。

しかも、細かいドルを手に入れられます。と言うのも、カンボジアでは1ドル紙幣をたくさん使うのです。
 
トゥクトゥクでは1~3ドルが相場になっています。また。食べ物なども2-5ドルくらいが多いです。
 
もちろん、カンボジアの街中にあるATMでも紙幣を引き出せますが最低は10ドルからです。
 
高額紙幣の100ドル紙幣に至っては、カンボジアで支払っても、場所によっては、お釣りがないと言うこともあるらしいです。
 

ドルとリエルの関係

固定相場制になっていて、1ドル=4000リエルの価値になっています。
 
1ドル以下のおつりはリエルで返ってきます。
 

まとめ

  • 日本円からドルへの両替は日本の空港がオススメ
  • ドルは1ドル紙幣を沢山用意した方がよい
  • リエルは日本では両替できない
  • 1ドル=4000リエル

     

PR