読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なる日々の栄光

オトナにお薦めできるプレミアムな情報に、独自の見解や体験を加えて自由に紹介しています

2FM SIMは実に快適!!アンコールワットのあるシェムリアップでも高速で使えました!

 

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501172725p:plain

はじめに
つれづれです。
 
今は無くてはならないインターネットですが、海外旅行先でもすぐに使いたいものです。今回の私のカンボジア旅行では、アジア各国で4Gに対応したデータ通信が可能な2FM SIMというものを使ってみました。
 
目次
 

2FM SIMとは

韓国 台湾 香港 シンガポール マカオ マレーシア フィリピン インド カンボジア ラオス ミャンマー オーストラリア ネパール 日本などアジア各国で使用できるSIMです。
 
使用期限は通信を開始してから8日間で、具体的には8×24時間=192時間になります。容量は3GBです。動画を沢山見ない限り、時間や量ともに充分でしょう。
 
アマゾンなどで気軽に購入できます。

 
使用方法はいたって簡単で、説明書もありますが、私のSIMフリーiPhoneではSIMの交換だけで、他の設定は不要でした。
 

香港国際空港での使用感

日本からシェムリアップへの直行便がないため、私の場合には香港を経由しました。
 
香港国際空港でさ、CSLという電波をつかみ、4Gでした。ダウンロードの速度は4-5Mbでした。充分な速さでした。
 
それから8日間の使用期限がありますが、計算方法はプラス8日となります。例えば、4/1 15時にSIMを替えて通信を開始すると、4/9の15時まで利用できます。
 

シェムリアップでの使用感

現地ではMetfoneと表示されました。スピードは概ね4 MB程度でした。特に、アンコールワット周辺のSIMの速度は10MB程度もありました。これには正直驚きました。
 

トラベルSIMと比較して

以前、私はトラベルSIMというものを使用していたのですが、こちらは3Gのみであり、2FM SIMの4G対応とは違います。電話をするならトラベルSIMの方が安いのですが、そんなに電話しないですよね。
インターネットの速い速度に慣れていると、3Gだけでは満足できないのが、私の実感でした。
 

まとめ

価格も安く、大変優秀なデータSIMでいろいろな国で使えるため、強くお勧めしたいと思います。
 
空港や市内でSIMを買うケースもあると思われますが、初めて行く場所や言葉の壁や時間を考えますと、日本で事前に準備できるなら、それに越したことはないと思われます。お薦めできます。
PR