徒然なる日々の栄光

オトナにお薦めできるプレミアムな情報に、独自の見解や体験を加えて自由に紹介しています

ふるさと納税の戦いはもう始まっている!Tポイントの有効な活用術とは?

f:id:tsurezurenaruhibi:20151231104847j:plain

つれづれです。

 

いよいよ、ふるさと納税の時期がまたやってきます!みなさんはちゃんと利用していますか?今回はふるさと納税の簡単な説明とTポイントの活用術について紹介したいと思います。

 

ふるさと納税とは?

住民票がある自治体に納める住民税の一部を他の自治体に支払うことができる制度です。元々は自分が生まれ育った、あるいはお世話になった地域に税金の一部を支払う制度でした。

 

そして、他の自治体に支払った額が次に支払う住民税の額から控除(=引かれる)されます。例えば、50万円の住民税を支払わなければならない人は、10万円までは控除してくれて、40万円を支払うことになります。

 

納税額の上限が決められており、確定申告(収入源が一つならば不要ですが)で確定する住民税の2割が上限になります。他の控除額に変化がなく、収入にばらつきがなければ、昨年度に支払った住民税を参考にすれば良いかと思います。

 

さらに言うと、(ふるさと納税で支払った額)−2,000円=控除額という決まりがあり、先ほどの例で10万円をある自治体に支払うと、10万円−2,000円=98,000円が実際の控除額となり、最大控除可能額の10万円以内に収まることになります。

 

www.soumu.go.jp

 

そもそもなんでお得なの?

それは住民税で支払った額に応じて、自治体が返礼品を送ってきてくれるからです。普通に住民税を支払うだけでは、何ももらえません。領収書だけです(笑)。

 

返礼品はお肉やカニなどの特産品から、お米、パソコン、電化製品、旅行、工芸品まで様々です。私も昨年はお米とパソコンをもらいました。

 

拡大するふるさと納税

ふるさと納税は昨年の国による控除枠の拡大によって、さらなる広がりを見せています。

住民税の2割が控除されますので、計算をしっかりしておけば、ノーリスクで食品からパソコンまで返礼品をもらえますから、人気になるのも当然ですよね。

 

ふるさと納税っていつ申し込んだら良いの?

ふるさと納税の控除が有効なのは確定申告時の前年分ですので、2017年の2−3月の確定申告時期(2016年度末)であれば、2016年1月〜12月分のふるさと納税分が控除の対象になります。

 

そうです、もう今年の1月1日から競争が始まっているのです。各自治体の返礼品には限りがある場合もあるので、早めに対応しておくことにこしたことはありません。

 

Tポイントと何の関係があるの?

では、ふるさと納税の申し込みをするときに利用するのはどこか。それがヤフーのサイトなのです。

 

実際に品定めをするのは下記のサイトが便利なのですが、それを参考にします。

実際にサイトに移動して、自治体を選んで先に進むと、支払い方法の選択が待っています。

 

f:id:tsurezurenaruhibi:20151231104239p:plain

 

クレジットカード決済がポイントも貯まってオススメですので、それを利用しようすると、Yahoo公金払いのページに移ることが分かります。

 

サイトにも以下のような案内が設置されていますね。

f:id:tsurezurenaruhibi:20151231101320p:plain

さあ、もうもうお分かりですね。そうです、ふるさと納税の支払いにTポイントが利用できるのです(全自治体ではありませんが)。

 

住民税などの税金払いの代名詞と言えば、クレジットカードでチャージしたnanaco払いが有名ですが、実はそれ同様にお得なのが、Tポイントでふるさと納税を(一部)支払うことなのです。

 

住民税を払うときに、nanacoを通じてクレジット払いするにしても、普通はTポイントで税金を支払うことはできません。

 

ふるさと納税用にTポイントを貯めておいて、それを利用して税金を支払い、返戻金も頂く。そして、残りの約8割の住民税の支払いにクレジットカードでチャージしたnanacoで支払う。そう、これで完璧でしょう。

 

ちなみに、ヤフーカードではJCBブランドであれば、nanacoチャージで1%のポイントが付きます。ファミマTカードでは同じTポイントでも0.5%ですね。

 

直接Tポイントが貯まっていなくても、ポイント移行ができる他のポイントを持っているのであれば、移行しておくのもよいと思います。

 

クレジットカードの入会キャンペーンをそこで重ねてみる!

さらに言えば、よくクレジットカードの入会キャンペーン時に、○○○円使ったら×××ポイントもらえます!なんて場合がありますので、どうせ払う税金をクレジットカードで支払ってキャンペーンのポイントまでもらえたら嬉しいですよね。ぜひともクレジットカードの入会キャンペーンにも利用してみてください。

 

今ならハピタス経由のダイナースクラブカードがお薦め!!45,000円分のポイントがもらえます!しかも、入会後3ヶ月以内に25万円使うとカードのポイントで20,000ポイント(=20,000マイル)も合わせてもらえます。

賢い人のお得なサイト | ハピタス

f:id:tsurezurenaruhibi:20160108015202p:plain

 

PR