読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なる日々の栄光

オトナにお薦めできるプレミアムな情報に、独自の見解や体験を加えて自由に紹介しています

聖なる山のプノンクーレンを紹介!カンボジアにはアンコールワット以外にも見所が沢山ある!!

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501225814p:plain

 
はじめに
つれづれです。
 
カンボジアと言えば、アンコールワットなどのアンコール遺跡群が有名です。
 
しかし、他にもアンコール遺跡群があるシェムリアップ周辺には見所が沢山あります。
 
今回はアンコール遺跡群の建造に使用された石の産地である、プノンクーレンを紹介したいと思います。
 
 
目次

注意点!

山に入る道は一つだけで、一方通行です。 12:00までは全員が上り、以降下りのみとなります。12時前からに山を降りられませんし、12時以降に山に登れません。
 
汲み取り式と思われるトイレが山頂にありますが、衛生的とは言えません。手桶で水を汲んで流すことになります。詰まっていたトイレもありました。山の入り口にチケット販売のゲートがありますが、そちらで済ませておいた方が良いかもしれません。私は山頂のトイレを使用しました。ゲート付近のトイレの設備は詳しくないので、ガイドがいれば確認してみてください。ちなみに、私のガイドはそのまま山で用を足すと言っていました。
 

涅槃像

車を停めてから少し歩くとお寺の入り口になります。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501225938p:plain

 
お寺には靴を脱いでいくのが礼儀なのですが、周りには靴を盗まれないように見張ることでチップを得る子供たちがウロウロしていました。
 
ガイドも利用していたので、一応使った方が良いようです。
 
涅槃像は、大きな岩の上側の部分に仏像を彫ったものでした。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501225921p:plain

 
周りは建物で囲むような造りになっていました。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501225839p:plain

 
涅槃像の周りにもいくつか遺跡がありましたが、険しい場所で足場も悪いので、健康で山登りが好きな人以外は行かなくて良いと思いました。
 

千本リンガ

山頂から少し戻るとリンガが沢山ある川があります。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501225723p:plain

 
リンガはヒンドゥー教の破壊神であるシバ神の局部と言われています。
 
駐車場も広くて良いですが、多少凸凹してます。
 
昔は子供達が川遊びをしていたそうですが、今は遺跡の保護のために川には入れなくなったそうです。
 
代わりに川の周りにはピクニックにきていた家族が数組いました。
 

滝遊び

更に車で少し下ると滝がある川に行けます。滝は大小2種類あり、小さい方は楽にアクセスできますが、大きな滝に行くには長くて、比較的急な階段を通る必要があります。
 
小さな滝では家族で水遊びをしていました。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501225522p:plain

 
大きな滝に行く階段は結構急なので、上り下りが大変です。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501225556p:plain

 
 
大きな滝では外人も含めた大人も目立ちました。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501225501p:plain

 
私は川で泳ぐことはありませんでしたが、泳ぎたい人は水着やタオルを持参した方が良いでしょう。滝の周りは物を置くスペースも少ないです。
 

まとめ

シェムリアップ市内から移動時間が多少かかり、トイレの問題もありますが、過度に暑くはなく、山登りのような運動と自然が好きな人に向いていると思います。
 
オススメ度 7/10

オススメのアンコール遺跡群を一挙に紹介!アンコールワットは特に朝日が感動的!!

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503000703p:plain

 
はじめに  
つれづれです。
 
 アンコールワットを観に来たわけですが、沢山遺跡があることが分かり、それらを回ってみました。
 
回った寺院を全部紹介するのは大変なので、簡単ではありますが、私のオススメの寺院を紹介していきたいと思います。
 
 

 

 

 

注意点!!入場券は事前に購入し、汗でグチャグチャにならないようにしよう!

いきなり注意点を言いますが、なんと日本みたいに観光地で入場券(チケット)が買えません!

 

チケットオフィスが一つしかないので、まずはそこに行ってチケットを購入する必要があります。場所はアンコールワットよりシェムリアップ側にあります。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170502235917p:plain

 

チケットは色々な種類がありますが、1日券(37ドル) 3日券(62ドル) 7日券(72ドル)の三種類があります。私は3日券を購入しました。購入時に顔写真を撮られます。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170502234822p:plain

 
そして、チケットは各遺跡の入り口でスタッフがチェックします。毎日パンチされて穴が空きます。その都度取り出して渡すのですが、汗で濡れやすいので、ビニール製のネックホルダーなどがあると便利です。私はガイドさんからもらいました。財布に入れておくだけでも良いでしょう。
 
 

アンコールワットは朝日が大変美しい!

ヒンドゥー教の寺院です。カンボジアの国旗に描かれるなど、とても有名な寺院です。
 
掘りの水は現在は少なめでしたが、向かって左側から観ると、トップの写真のような逆さアンコールワットが観られます。このあたりには、露天が集まっています。
 
壁画は保存状態もよく、大変迫力があります。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503195349p:plain

 
最上部まで登れますが、かなり階段は急です。登る前に目印のカードをもらい、首にぶら下げました。残念ながら、足腰に不安がある人や高所恐怖症の人には不向きです。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503195618p:plain

 
アンコールワットで特にオススメなのは、朝日をアンコールワットで観ることです。アンコールワットは西を向いているので、朝日がアンコールワットの後ろから上がってくる位置関係になります。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503000947p:plain

 
日の出はだいたい6時くらいなので、5時くらいにシェムリアップ市内から出発しました。
 
ガイドがオススメしてくれたのは、正面の入り口ではなく、一つ左側の入り口を入った場所でした。多くの観光客はトップの写真が撮れる池のあたりに行くようで、私達の周りは空いていました。朝日を観る上で特に不満はなく、最後の頃には少し正面に移動したくらいでした。
 
虫の音を聞きながら、夜が明けてくる光景は忘れられません。
 
 

アンコールトムは広いので、時間をかけてゆっくり観よう!

ジャヤヴァルマン7世が建造。仏教の寺院で、アンコール遺跡群の中で最大の規模を誇っています。敷地も広大です。見所は沢山あり、歩いて移動するが大変なくらいです。特に有名なのは観世音菩薩の顔が彫られたバイヨンという寺院です。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503200359p:plain

 
 

タプロムには儚さと美しさが共存している

ジャヤヴァルマン7世が母の菩提寺として造った仏教の寺院です。映画のトゥームレイダーの撮影場所だったということもあり、人気がある場所です。私が行ったときにも大勢の観光客が来ていました。
 
大きくて長い参道を抜けると、やや破壊が目立ち、大きなガジュマルの木の根などが巻きついた遺跡が現れます。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503202519p:plain

 
時間の流れと自然の雄大さを感じる場所だと思いました。
 
自然も豊かで、周囲には蝶が飛び回っていました。
 

プリアカンは静かに時間の流れを感じる!

聖なる剣を意味するという、ジャヤヴァルマン7世が父の菩提寺として造った仏教寺院。王が瞑想したと伝えられている建物もあります。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503204131p:plain

 
参道では木々の間からの木漏れ日が美しかったです。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503204236p:plain

 

バンテアイスレイは赤と緑と青空のコントラストを楽しむ!

女の砦を意味するヒンドゥー教寺院。シェムリアップから少し離れた場所にあります。

 

ここは入り口に綺麗なトイレがあり、お土産屋も軒を連ねており、綺麗に観光地らしくなっていました。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503202804p:plain

 
 
参道も少し長めにあり、寺院の趣きを感じられます。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503202830p:plain

 
他の遺跡に比べて赤っぽい外見をしていました。特に午前中に行った方が赤が際立つそうです。私は午後に行ったので、それほど赤く輝く様子ではありませんでした。
f:id:tsurezurenaruhibi:20170503202741p:plain
 
 
青い空とジャングルの緑、赤い土と建物が綺麗でした。それから、ここは天女の彫像が有名だそうです。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503203040p:plain

 
 

プレループは夕日の名所!

もともと火葬場として使われていた寺院だったそうです。夕日のスポットとして有名で、夕方に観光客が集まってきます。向かって右奥の方に座わると、木が邪魔にならないと思います。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503201449p:plain

 
 

プラサットクラヴァンは人気はないが浮き彫りが美しい

 ビシュヌ神を祭るヒンドゥー教の寺院。人気がないのか、結構空いていました。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503201110p:plain

 

中央祠堂にはビシュヌ神の浮き彫りがあります。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503201954p:plain

 

 

スラスランは巨大な王様のお風呂?

アンコールトムを作ったジャヤヴァルマン7世が沐浴する場所です。現在は、だだの広いため池と化していました。子供が水遊びをしたり、周囲の住民が生活用水に利用したりしているそうです。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170503201137p:plain

 
 
一人の王のために、こんな広い沐浴の場所を作るなんて贅沢ですね。当時の王の権力を感じます。
 
 

まとめ

  • アンコールワットは逆さアンコールワットと朝日が素晴らしい
  • アンコールトムは広大な敷地とバイロンの観音像が見所
  • タプロムは自然の中で時間の流れと自然の雄大さを感じられるのが良い
 
 
 
PR