徒然なる日々の栄光

オトナにお薦めできるプレミアムな情報に、独自の見解や体験を加えて自由に紹介しています

ice guard6の静かさ&オートバックスでの交換工賃の高さに驚きました

f:id:tsurezurenaruhibi:20181109213023j:plain

つれづれです。私が住んでいる地域で雪はあまり降らないのですが、雪が降る地域に出かけることもあるため、例年11月にスタッドレスタイヤへの履き替えをしています。

 

しかし、今回は長年使用してきたヨコハマタイヤのice guard(種類は忘れました)にクラック(=ひび)が入っているとのことで、タイヤの寿命のためにタイヤのみ交換する必要がありました。そこで色々調べてみて、結局、静かで寿命が長そうなヨコハマタイヤの最新のice guard6にしたのですが、困ったのはスタッドレスタイヤの値段が高いことでした。

 

私の車は17インチのタイヤにしているのですが、いつもエンジンオイル交換で利用しているオートバックスの見積もりでは4本で16万円!!という高額を提示されたので購入は断念しました。というのもインターネットの購入では、送料を含めて9万円程度で購入できることを知っていたからでした。しかも、ヤフーショッピングではTポイントが利用できるため、ANAの溜まっていたマイルをTポイントに移行して、更に安く購入することができました。ANAにはダイナースやアメックスのクレジットカードで溜まっていたポイントなども移行しやすいので、ヤフーショッピングがオススメです。元値自体でも楽天よりはヤフーショッピングの方が安かったです。ちなみに、この価格差はタイヤの大きさに比例して広がるので、15インチくらいのスタッドレスタイヤでしたら、インターネット販売のタイヤにしても、あまり金額差は大きくないように感じています。

 

そして、いよいよタイヤを営業所止めで受け取り、オートバックスでタイヤの交換をしてもらおうとすると、4本のタイヤ交換とバランス調整、廃タイヤ料金、取り付けなど全部込みで3万円!!とのことでした。よく聞くとオートバックスで買っていない持ち込みのタイヤの場合、オートバックスで購入した場合の3倍の工賃を請求しているとのことでした。もともとホイール・タイヤの預かりもお願いしてあり、自分の車に新しいタイヤ4本と引き出した古いホイール・タイヤ4本の両方を載せられないので、仕方なくその高額の工賃で作業してもらうことにしました。このあたりは、私の確認不足でした。そういえば、オートバックスは持ち込みのパーツの取り付けに高額な工賃をふっかけくることを忘れていました。今度からは地元の他のカーショップで持ち込みパーツは交換することすると誓いました(笑)。

 

さて、2018年製のice guard6を履いてみると、これが驚くほど静かでした。夏用タイヤも静かな方のタイヤにしているのですが、それと遜色ないか、むしろ静かなくらいでした。古いice guardは明らかに低音のうるさい音が響き渡ったのですが、その音がなく、少し高めの音がわずかに聞こえるくらいでした。時速60kmくらいまでの常用域しかまだ乗っていませんので、高速ではわかりません。それから、時速60kmくらいでレーンチェンジをすると、夏用タイヤに比べてグニャっとした感覚を感じました。どうしてもサイドの剛性が低いのか、タイヤが歪みやすいのだと思いました。この現象について、古いice guardでも同様のことがあったか覚えていません。もしかすると、ゴムが以前より柔らかくなっている可能性もあります。

 

まとめ

  • 大きめのタイヤを買うならインターネットが断然お得
  • 持ち込みの交換はオートバックスは避けた方が良い
  • ヨコハマタイヤのice guard6は本当に静かなスタッドレスタイヤ

 

 

 

 

 

ダイナースグローバルマイレージの改定に何思う

f:id:tsurezurenaruhibi:20180921005248j:plain

つれづれです。しばらくぶりの更新になってしまいました。

 

最近、私の手元にも三井住友クラブからサービス改定のお知らせが届きました。巷ではすでに話題になっていますが、2018年12月21日よりANAのマイル移行の上限が年間8万マイルから4万マイルと半減になります。4万マイルでは東南アジアにビジネスクラスで行けません。魅力もかなり減ります。不幸中の幸いなことは、同じスターアライアンスのマイルの移行先の一つであるユナイテッド航空へのマイル移行が維持されたことです。こちらの上限は10万マイルですので、それだけあれば東南アジアにビジネスクラスで行くことも可能です。

 

ANA側の意向が反映されていると感じる今回の措置は、今後さらに制限へと傾く可能性を強く感じます。つまり、陸マイラーよりは航空会社の本来のあるべき姿である、飛行機利用者の優遇へと舵を切ったのでしょう。やむを得ないと感じる反面、飛行機利用の裾野を広げるという機会を狭めるということに残念に思えます。

 

ちなみに、今回のサービス改定の全体を見渡すと、Tポイントへの交換が4割のレートで可能になるのですが、これまではANAのマイルに移行していれば、1マイル=1Tポイントにできていました(ただし、1:1交換レートには上限があります)。新たなサービスとはいえ、あまり割に合わないものです。また、200円につき1ポイントになる加盟店の種類も増えており、三井住友クラブ自体がケチになってきている印象です。私が唯一評価できる改善点としては、ハワイでのLea Leaトロリー乗車券が1日券から1週間券に変わったことです。毎日ホノルルのデスクで乗車券をもらうのは馬鹿らしいですから。

 

確かに、ダイナースクラブプレミアムカードの魅力は減りましたが、それでもユナイテッド航空へのマイル移行が維持されるのであれば、まだまだ利用はし続けても良さそうです。アメックス、セゾンのマイレージプラスカードの併用がかなり効果的ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

PR