読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なる日々の栄光

オトナにお薦めできるプレミアムな情報に、独自の見解や体験を加えて自由に紹介しています

なぜ私は華原朋美のI'm proud-2013 orchestra Verに心を動かされたのか?

その他 ショッピング パソコン・モバイル・通信

AndroidのSIMフリースマホのFREETEL Priori3で、AmazonプライムのAmazon Musicを楽しんでいるつれづれです。

 

tsurezurenaruhibi.hatenablog.jp

 

 

Amazon MusicでAmazonプライムを利用して無料でダウンロードできる楽曲は、数や種類に制限はありますが、なかなか楽しめます。

 

tsurezurenaruhibi.hatenablog.jp

 

 

そして、目に止まったのが華原朋美のI'm proud-2013 orchestra Verです。懐かしさからダウンロードしてしまいました。I BELEVEといった他の曲もありますが、私がオススメできるのはI'm proud-2013 orchestra Verだけです。

 

ご存じの方もいると思いますが、彼女が長期休業から復帰したのが2012年末でした。この曲は復帰間もない時期に収録された曲ということになります。

 

オーケストラの演奏によるスケールの大きな荘厳な世界の中に、華原朋美がただ一人浮かび上がります。彼女の歌声は力強く、それまでの彼女の過去や迷いなどが吹っ切れたかのようにハイトーンボイスが伸びやかに広がります。

 

彼女の自信に満ちた歌声が響きます。歌詞の内容が、プロデューサーであった小室氏との関係を物語るようで、それが私の心に一層突き刺さります。

 

彼女の人生が凝縮されているかのようです。そして、彼女は自分の人生を題名I'm proudの通り、誇りとしているかのように感じられます。

 

おそらく彼女のこれまでの人生を私が知っているからこそ、このように私は感動したのでしょう。

 

昔、華原朋美の歌を聴いたことがあり、彼女の生き様を知ってる方にこそ、オススメできる楽曲だと思います。

 

音楽でこんなに感動したのはいつぶりでしょうか。こういうのはあまり理屈ではないとは思うのですが・・・。

 

 

 

 

 

PR