読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

徒然なる日々の栄光

オトナにお薦めできるプレミアムな情報に、独自の見解や体験を加えて自由に紹介しています

アンコールワットがあるカンボジアのシェムリアップの交通事情を解説!!

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501174611p:plain

つれづれです。 

 
基本的に道路は片側一車線の合計二車線ですが、車、トュクトュク、バイク、自転車が入り乱れて走っていました。
 
右側通行で日本とは逆で、車のハンドルも左側になります。車は日本車が多いのですが、レクサス、BMW、レンジローバーなどの高級車がチラホラいます。道路状況が悪いためか、セダン以外にSUVが多いですね。
 
片側の車線なので、トラックやバイク、トュクトュクなど遅い車がいるので、どんどん追い越していきます。追い越しの際にはクラクションを鳴らします。日本より圧倒的にクラクションを聞くことになりますが、そんなにうるさく鳴らしません。正直、上手く鳴らせるなと感心しました。
 
制限速度は、市外が60マイル(約96km), 市内は40マイル(約64km)ですが、守られていません。高速道路も一応ありますが、国道が広くなっただけです。高速道路の制限速度は無いそうです。
 
こう聞くと速く移動できそうですが、遅い車などがいることや道路によく犬や牛、時には豚さえもが乱入してくるので、それほど速く走れません。

f:id:tsurezurenaruhibi:20170501174744p:plain 

橋と道路の継ぎ目に段差があったり、道路に減速用の隆起があったりと、減速することが結構多いです。

 

車とバイクの運転は18歳からなのですが、こちらも守られていません。事故がなければお咎め無しだそうです。市外では12歳くらいの子どもがバイクを運転していました。家族3人で1台のバイクに乗っていることもあり、少し新鮮で驚きました。
 
事故については全体的に多いそうです。ちなみに、車には任意保険しかなく、バイクには保険自体がないそうです。飲酒運転も事故がなければ、お咎め無しだそうです。それから、信号もありますが、バイクなどは守らずに行く人もチラホラいました。
 
歩道があるにはありますが、バイクやトゥクトゥクが置いてあるので、道路を歩くことも多くなります。道路自体、国道は比較的綺麗ですが、市内でも凸凹の場所も多く、歩きづらいところがあります。砂埃も舞いやすいので、マスクをしているバイクの人もいました。
  

まとめ

  • シェムリアップは日本と逆の右側通行
  • 車やバイクなどに対しては、日本以上に注意が必要
  • 信号を過信しない
  • そんなに速く移動できない
PR